人生の目的を探す旅

image_bar2

 

人生の目的を探す旅

1989年、わが国の経済は、バブルの崩壊に向かって、
狂おしく突き進んでいました。

この時、
わたし達夫婦は、40歳という人生の節目を目前にし、
自分達がなんのために生まれ、何のために生きているのか
人生の目的を真剣に探し求めていました。

心の判断に正直に生きようと決断し、
持っているもののほとんどを、手から放し
3人の子供の手を引き米国シカゴに留学しました。
15年間勤めた会社を辞して、6年間、無収入でした。
健康や経済的なこと、勉強、子供たちの教育のこと、
予想できない困難のなかに
5人手をつないで跳び込んで行ったのです。

自分たちの学んだことは、
一見危機的にみえることは、
実は実態ではなく恐れる心の反映だったこと。
その恐れは人生の豊かな創造への入り口だということ。
勇気を出して、その入り口を入ると
苦難を励みにかえる術が身につくということでした。

幸せでした。
この経験をもとに、わたし達は、人生の後半生を、
かつての自分達と同じように
人生の目的探しに悩んでおられる方々の
手助けのために使いたいと、二人で決めました。
心体の自然治癒の専門家になるために、
わたしは、カイロプラクティックのドクターになり、
家内は、バーバラ・ブレナン・ヒーリング・スクールで学び
教師養成課程を終えました。

準備が整いました。
1997年夏、わたし達の第2の人生が
ここヒーリングセンターでスタートしたのです。
自分達らしい生き方が、できるようになりました。

須藤一彦 須藤久枝