エネルギーワーク科

sp

エネルギーのこと・こころの言葉

sp

エネルギーワークとは

 エネルギーワークとは、人間のもつ多元的な微細エネルギーの場(チャクラとオーラ)にアプローチするセラピーです。

 

 エネルギーの中には、様々な情報が内在しています。セラピストは、エネルギー情報を読んだり感じたりしながらセッションをすすめていきます。たとえば、クライアントの方も気づいていない感情の抑圧や押し込めた思いなどはエネルギーの流れの滞り・弱り・緊張などとして現れます。このようなエネルギーの不調和は、心理判定や医学的検査では、わかりません。しかし、肉体やこころの症状、人間関係の不調和、そして仕事の行きづまりなどとして現れてきます。

 

 セッションでは、カウンセリングとセラピストの手を使って行われる施術によって、クライアントの方の不調和な周波数のエネルギー振動を調整していきます。それにより、エネルギーの流れがより良くなっていきます。そして、抑圧されていた感情が解放されやすくなり、押し込められていた思いが浮上してくるのです。”こうあるべき”とか”こうあらねばならない”という生き方から抜け出て、素直に自分の体を感じること、正直に自分の感情を感じて表現すること、何が好きでどんな風に生きたいのかを思い出すこと、人とつながることに安心を感じられるようになること、などの変化が起こってきます。セッションをとおしてクライアントの方が、肉体・こころ・スピリチュアルのバランスをとりもどして、生き生きと自分らしい人生を創っていくお手伝いをします。

 

チャクラとオーラってなんでしょう


この世の中はエネルギー(波動)で満たされています。そして、あらゆる物質はエネルギーからなりたっているのです。 私たちの体を構成している一つ一つの分子もエネルギーから成りたっています。 たくさんの分子の集合体である人間の肉体はとても微細なエネルギーの場が織りなす複雑なエネルギーネットワークともいえるでしょう。 そして、私たちは体に12か所にあるチャクラというエネルギーの器官をとおして、外からエネルギーを変換しながら体の中に取り入れています。 体の中に入ってきたエネルギーは神経系をとおり、内分泌系に影響を与え、私たちの体の生理作用のバランスをとることに役立っています。 このエネルギーは肉体の中だけにとどまらず、肉体の外側にも流れ出しています。 これをオーラとよびます。
そしてまた、私たちの体のエネルギーの場(チャクラとオ-ラ)は、栄養状態・環境・感情・霊性(精神性)のありかたからも影響を受けます。

 


左の二つの図は体にある7つのチャクラを表しています。
右図はオーラの様子を表しています。

どのようなセッションをするのでしょう

 セッションの部屋は防音個室ですので、プライバシーが保たれます。内装材には、珪藻土と無垢のヒノキの床材をつかい、体にやさしい空間にしています。窓からは庭の緑が目に入り、四季折々の花が顔をのぞかせてくれます。セッション中は、二重窓の曇りガラスを閉めますので外からの視線を防ぎます。

healingroom

あらかじめ問診票にセッションを受ける目的などを記入していただきます。

 

【1】エネルギーの検査と分析
 ベッドに仰向けに寝ていただき、体にある12ヶ所のチャクラのエネルギーをペンジュラムを使って測ります。このときセラピストは、チャクラ以外のエネルギーの情報・肉体の情報・こころの情報なども同時に感知します。

検査後、椅子におかけになって頂き、セラピストより状況をご説明いたします。

 

【2】カウンセリング
 お話をうかがいながら、気持ちをほぐし、抑え込んでいた感情や思いを解放していきます。いつの間にか身についた、自分の中の思いこみや考え方の癖に気づくかもしれません。それは、ものごとへの新しい意識の向け方を知っていくきっかけにもなります。

“真実の自己”に少しずつ近づいていく大切な時間です。

【3】エネルギー調整
 セラピストの両手を使って、身体への軽いタッチの手技をします。チャクラやオーラのエネルギーの場の不調和を整えて、エネルギーのバランスを取り戻すお手伝いをします。エネルギーの場の滞りや緊張が改善されていくとき、ため込んでいた感情の解放が起こることがあります。深い意識の自分とつながるこのとき、生きていることの深い安心を感じられます。みなさんがお持ちになられるその日のテーマによっては、他のエネルギー調整の方法になる場合もあります。

【4】エネルギーの再検査とアドバイス
 カウンセリングとエネルギー調整の後に、もう一度12ヶ所のチャクラのエネルギーの状態を測り、どのようにエネルギーの流れが変化したかをご説明します。必要に応じて、セラピストより食事の内容、運動の仕方、考え方、こころの持ち方などのアドバイスをします。

 

※その日のみなさんの体調やこころの状況によっては、カウンセリングをしないでエネルギー調整のみのセッションになる場合もあります。

※Skypeや電話による遠隔セッションも、上記のセッションをします。

中学生・高校生の方にも、上記のセッションをします。セッションの後に、セラピストより保護者の方へ、子どもさんのエネルギーの状況などを説明します。そして、親としてどう関わっていったら良いのかなどのアドバイスをします。

※小学生以下の子どもさんや赤ちゃんのセッションでは、エネルギーの調整のみを受けて頂きます。その時、ご同伴の保護者の方にセラピールームに入って頂いて、調整の様子をみて頂きます。調整後に、セラピストより子どもさんのエネルギーの状況を説明します。そして、言葉にならない子どもさんの思いや訴えなどをお伝えし、親としてどのように接したら良いのかなどのアドバイスをします。
sp

どのような人が治療を受けに来るのでしょう

肉体的な悩み

胃腸の不調、アトピーなど様々な肉体症状の悩み

精神的な悩み

不安神経症・パニック障害・気うつ症・摂食障害・不眠など

人間関係の悩み

夫婦関係・親子関係・友人関係など

仕事の悩み

仕事での人間関係・仕事の悩みなど

学生や子どもたちの悩み

不登校・発達障害・進路の悩み・夜きょう症など

 

sp

私たち人間は魂を持ったエネルギー体です

私たちは広大な宇宙のエネルギーの海の中に浮かぶ地球に生まれました。 肉体を選び、人生を選んで歩んでいるそれぞれの魂の目的は、

      自分らしく魂を光り輝かせたい・・・
      自分らしい音色を奏でて生きたい・・・

というものではないでしょうか。

でもときには、自分らしい音が出せないで、周りと不協和音を創り出し、命としての自己の生命エネルギーを弱めてしまうこともあります。

実はそうしながら自分にしか出せない音を模索し、調音しているのです。

“愛する”とはどういうことなのか・・・という気づきとともにやがて思い出すでしょう。

自分は一人の孤独な演奏家ではなくて、この宇宙という、地球という、人間というオーケストラの大切な一員であることを・・・。
私は、そのための道案内になりたいと思っております。