みなさんの声 エネルギーワーク科-6

自分探し、女性、30代(初回来院時)、マッサージセラピスト

治療内容: エネルギーワーク

初回来院: 2000年11月(女性30代、マッサージセラピスト)

受信: 2006年3月

須藤 久枝先生
前略 9月に先生のヒーリングを受けてすぐ実家を出て親から自立して彼と生活し始めました。 お礼をいつも言いたいと思いつつ とてもご無沙汰を致してしまいました。先日近くに用事があり「急でお会い出来ないだろうからコーヒーだけでも置かせてもらえば...」とお邪魔しましたが、お会いする事が出来、本当に嬉しかったです...!!どうも有り難うございました。そしてお葉書を、本当にどうも有り難うございました!!

5年前に会社を退職する前 下半身が無かった私を、ずっと地に足を着け、“この世での幸せ”、という言葉と目標を与えて下さったのは久枝先生でした。地面に足をつけ、この世での幸せ喜びがあると教えてくれるヒーラーがいなかったら、今の私の幸せはありませんでした。今は毎日くたくたになって疲れ仕事から帰り、家事をしていても 「ああ...生きてるなあ...!!」とつくづく感じます。

先生方お二人で夫婦を見ていて 「私も一緒に仕事が出来る相手が欲しい...」と思い始め、今ではマッサージ師の彼と一緒に生活しています。違う人間二人なのでよく喧嘩もしますが、「喧嘩しつつも一緒に居れる人が出来て幸せだ...」と感じます。そして安心できます。こんなに生きていて喜びというものが感じられる日が来るとは(大変な事も、楽しい事も全て含めて喜びなんだと感じられる)日が来るとは思っていませんでした。 そして実家から出て初めて全ての事がやっと実際の過去の事になりました。そして自分で生活してみて始めて生活の大変さを感じ、その中でさらに子供を育てるということは大変だろうなあ...とつくづく感じます。今は全てを含め両親に本当に感謝しています。両親の人としての弱さを許せる事で、自分の周りの人の弱さも理解でき、そして自分自身が一番楽になりました。そう感じられる様になれたのも久枝先生、一彦先生のサポートをずっといただけたからこそでした...!(沢山のクライアントの方がいらっしゃる中で久枝先生ご自身は覚えていらっしゃらないかも知れませんが、ヒーリングの学校の学びの中で私が煮詰まっている時(丁度「自分の行く道が合っているのなら合図が欲しい」 と祈っていた時に)ストウヒーリングセンターのお知らせのハガキが何度も私宛の住所が違っていると戻ってきてしまうので「これはもう電話をしろということだから...」と久枝先生がお電話を下さった時。そしてその後には、家出をした私が急にセッションをお願いし、お忙しいのに夕方からお時間を作って頂いた時...などなど...。 どれだけお世話になりそしてそれに本当に感謝しています。

私のコーヒーがほんのちょっとでも励みになったと伺い嬉しい限りでした!!(今迄私が頂いた事の何分の一にもなりませんが...)

遠くないうちに、今度は子連れで是非伺わせて頂きます!!

先日は思いがけずお会いでき、そしてお話でき、本当に嬉しかったです!!どうも有り難うございました。

 

戻る